10ヶ月の女の子に人工心臓の動画

10ヶ月の女の子に人工心臓の動画

このニュースを見た時には、人間の作り出すものは自然を壊してしまう物もあるけれど、小さな命を救う事も出来るので素晴らしい事だなと思いました。条件緩和が今回の補助人工心臓の手術に繋がったそうです。これは、今年の1月に脳死と判定され、臓器を提供した東海地方の6歳未満の女の子の両親が、子供用の補助人工を心臓を多くの人が使えるように条件の緩和を求めていたそうです。いつも思うのですが、求めたことで条件が緩和されるのであれば、どうしてもっと早く対応できなかったのだろうと。もちろん、人の命が助かるのですから嬉しい事なのですが、悲しい思いをする人もいたと言う事は忘れてはいけないですね、私達も。動画を見ると人工心臓はドクドクと動いていて、医療の進歩は1日1日進んでいくんだなと改めて思いました。